So-net無料ブログ作成

日雇いバイトとネットカフェ難民 [日雇いバイトとネットカフェ難民]

最近クローズアップされている日雇いバイト生活の問題として、
ネットカフェ難民の問題があります。
日雇いバイトの生活だと家賃が払えなくなり、
アパートには住めなくなります。

アルバイト先で寝泊りし、仕事が無くなれば24時間営業の
ネットカフェ等で寝泊りするようになり、結果的に住所不定となり
良好な雇用関係を築けないのです。

とある調査ではネットカフェ難民だけで2007年時点で、
6000人以上と推定されています。
4割が女性で50~30歳代が多く、店内のシャワーを使い、
かろうじて最低限の生活を維持しているそうです。

また日雇いバイト員は健康保険の負担は自身で払わなくては
いけませんし、年金だって払っておかなければ老後が困ることになり、
結局不安定な生活に陥ることになります。
日雇いバイトはやはり小遣い稼ぎ程度にとどめるのが正解のようです。

またやりたい仕事がなかなか見えてこないとき、手っ取り早く
どんな仕事なのか探ったり、研究したりする体験が出来るのも、
日雇いバイトの特徴です。

わずらわしい人間関係を意識することなく、依頼された分を淡々と
こなしていくだけで、その日のうちに報酬が手に入るのは
日雇いバイトのメリットです。

実際、最初は小遣い稼ぎくらいのはずが、日雇いバイト
慣れてしまって、本業をやめてしまった人も少なからずいるようです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。