So-net無料ブログ作成

日雇いバイト選びのコツ [日雇いバイト選びのコツ]

日雇いバイト先を探すのなら、勿論条件の良い所がいいですよね。
通常企業ならば、福利厚生、休暇や残業手当などが
しっかりしているかなど気になるところです。
自分がやりたい事が日雇いバイトの中でできるかって言うのも大切です。

またネームバリューも日雇いバイト選びには重要な項目かも知れません。
人によって選ぶポイントって様々だと思いますが、ここでは、
日雇いバイトを選ぶ際チェックしておきたい項目を選らんでみましたので
参考にしてみて下さいね。

応募資格や年齢など募集要項に書かれている内容は必ずチェックしましょう。
募集年齢が上回っていても諦めず担当者に相談してみましょう。
不明な点は日雇いバイトの担当者に聞くなど、わからない事が無いようにしておく事が重要です。

日雇いバイトの内容がわからないと話になりませんよね。
ですが、募集要項では端的に書かれている事が一般的です。
細かい点など必ず、担当者に確認する事が大事ですよ。

お給料は日雇いバイトをする上で、みなさんの一番重要なポイントですよね。
しかし、面接時や電話での問い合わせの時にしつこく聞きすぎると
嫌がられてしまいます。
絶対聞きたい事ですが、露骨すぎないように注意しましょうね。

待遇は簡単にまとめて書いてある事がしばしばです。
完全送迎や寮完備、保障有りなど記述してあったりします。
必ず日雇いバイトの担当者に聞いてクリアにしておきましょう。

上記以外にも様々確認したい所はあると思います。
入ってから「聞いてなかった」とか「ここまでするとは思わなかった」
など言わない為に、とにかくわからない事は、
日雇いバイトの担当者に何でも質問する事が重要ですよ。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイトでの第一印象 [日雇いバイトでの第一印象]

日雇いバイトではごくわずかな時間の面接などで「採用・不採用」が
決まってしまう場合が多々あります。

つまり、どれだけ面接相手などに対して好印象を与えれるか?
がポイントとなってきます。
日雇いバイトの面接相手があなたを見るポイントをこちらでご紹介します。

どの日雇いバイトにおいても「不潔感」を与える身だしなみは
マイナスポイントとなる可能性があります。
日雇いバイト面接時は清潔感に気を遣いましょう。
×ボサボサの髪、無精ひげ、汚れた服装、ピアス、香水

日雇いバイトの履歴書はなるべく丁寧に書きましょう。
また空白の欄がなるべく出ないようにしましょう。
少ない面接時間で印象を与える「武器」がこの履歴書です。

声は出来るだけ大きくハキハキと、表情は笑顔でしゃべるようにしましょう。
また、話を聞くときはうなずいたり、相手の方へ顔を向けることが基本となります。
元気な声からは「やる気」を、話を聞く姿勢からは「仕事への興味」を
面接官は感じとる事が出来ます。

遅刻は厳禁。
万が一遅刻した場合は一生懸命謝りましょう。
誠意が伝わればアピールになることもありますが遅刻しないのが原則です。
出来れば5~10分前には訪れましょう。
あまり早すぎても相手にも予定がありますので迷惑がかかります。

日雇いバイトでは具体的な志望の動機や趣味などよりも、
「この仕事を手伝ってくれる人はどんな人か?」を重視します。
普段より無理をしてでも大きな声でハキハキと話をした方が
好印象をもたれる場合が多いです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイトとネットカフェ難民 [日雇いバイトとネットカフェ難民]

最近クローズアップされている日雇いバイト生活の問題として、
ネットカフェ難民の問題があります。
日雇いバイトの生活だと家賃が払えなくなり、
アパートには住めなくなります。

アルバイト先で寝泊りし、仕事が無くなれば24時間営業の
ネットカフェ等で寝泊りするようになり、結果的に住所不定となり
良好な雇用関係を築けないのです。

とある調査ではネットカフェ難民だけで2007年時点で、
6000人以上と推定されています。
4割が女性で50~30歳代が多く、店内のシャワーを使い、
かろうじて最低限の生活を維持しているそうです。

また日雇いバイト員は健康保険の負担は自身で払わなくては
いけませんし、年金だって払っておかなければ老後が困ることになり、
結局不安定な生活に陥ることになります。
日雇いバイトはやはり小遣い稼ぎ程度にとどめるのが正解のようです。

またやりたい仕事がなかなか見えてこないとき、手っ取り早く
どんな仕事なのか探ったり、研究したりする体験が出来るのも、
日雇いバイトの特徴です。

わずらわしい人間関係を意識することなく、依頼された分を淡々と
こなしていくだけで、その日のうちに報酬が手に入るのは
日雇いバイトのメリットです。

実際、最初は小遣い稼ぎくらいのはずが、日雇いバイト
慣れてしまって、本業をやめてしまった人も少なからずいるようです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。