So-net無料ブログ作成
日雇いバイトと所得税 ブログトップ

日雇いバイトと所得税 [日雇いバイトと所得税]

仕事をしてもらう給与の種類は色々あるのけど一般的に、
日雇いバイトをして得るお金の種類を給与取得という。
次に年間に稼いだ給与にかかる税金を所得税という。

一般的に学生が日雇いバイトをする場合、稼いだ金額が年間130万円を超えると、
所得税がかかってくる。
この130万という数字は給与所得控除(65万円)、基礎控除(38万円)と
勤労学生控除(27万円)の合計金額。
”控除”と名のつく金額の合計の範囲で稼いでる分には税金は文字どおり
控除になる、つまり所得税はかからない。
学生の場合、年間の稼ぎが130万円をオーバーした金額が課税対象(8%)となって、
さらに社会保険料というものまでかかってくる。
しかし、130万以下でも安心はできない。

年間の所得が130万円を超えない限り学生であれば基本的に所得税はかからないけども、
103万円をこえるとあなたは親の扶養から外れ、親にかかる税金が増える。
さらに扶養から外れると、普段使ってる保険証、あれを自分でお金を払って
使えるようにしなきゃならない(社会健康保険)、さらに住民税も払わないといけない…。

増える額はあなたが16歳以上、23歳未満の場合には63万円に8%もしくは16%を、
その他の場合には38万円に8%もしくは16%を乗じた金額。
また、親の勤め先によってはあなたに対する家族手当というものが
削られてしまう可能性も!
要するに、103万超えると親御さんの負担が途端に大きくなってしまう。
nice!(0)  トラックバック(0) 
日雇いバイトと所得税 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。