So-net無料ブログ作成

日雇いバイト選びのコツ [日雇いバイト選びのコツ]

日雇いバイト先を探すのなら、勿論条件の良い所がいいですよね。
通常企業ならば、福利厚生、休暇や残業手当などが
しっかりしているかなど気になるところです。
自分がやりたい事が日雇いバイトの中でできるかって言うのも大切です。

またネームバリューも日雇いバイト選びには重要な項目かも知れません。
人によって選ぶポイントって様々だと思いますが、ここでは、
日雇いバイトを選ぶ際チェックしておきたい項目を選らんでみましたので
参考にしてみて下さいね。

応募資格や年齢など募集要項に書かれている内容は必ずチェックしましょう。
募集年齢が上回っていても諦めず担当者に相談してみましょう。
不明な点は日雇いバイトの担当者に聞くなど、わからない事が無いようにしておく事が重要です。

日雇いバイトの内容がわからないと話になりませんよね。
ですが、募集要項では端的に書かれている事が一般的です。
細かい点など必ず、担当者に確認する事が大事ですよ。

お給料は日雇いバイトをする上で、みなさんの一番重要なポイントですよね。
しかし、面接時や電話での問い合わせの時にしつこく聞きすぎると
嫌がられてしまいます。
絶対聞きたい事ですが、露骨すぎないように注意しましょうね。

待遇は簡単にまとめて書いてある事がしばしばです。
完全送迎や寮完備、保障有りなど記述してあったりします。
必ず日雇いバイトの担当者に聞いてクリアにしておきましょう。

上記以外にも様々確認したい所はあると思います。
入ってから「聞いてなかった」とか「ここまでするとは思わなかった」
など言わない為に、とにかくわからない事は、
日雇いバイトの担当者に何でも質問する事が重要ですよ。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイトでの第一印象 [日雇いバイトでの第一印象]

日雇いバイトではごくわずかな時間の面接などで「採用・不採用」が
決まってしまう場合が多々あります。

つまり、どれだけ面接相手などに対して好印象を与えれるか?
がポイントとなってきます。
日雇いバイトの面接相手があなたを見るポイントをこちらでご紹介します。

どの日雇いバイトにおいても「不潔感」を与える身だしなみは
マイナスポイントとなる可能性があります。
日雇いバイト面接時は清潔感に気を遣いましょう。
×ボサボサの髪、無精ひげ、汚れた服装、ピアス、香水

日雇いバイトの履歴書はなるべく丁寧に書きましょう。
また空白の欄がなるべく出ないようにしましょう。
少ない面接時間で印象を与える「武器」がこの履歴書です。

声は出来るだけ大きくハキハキと、表情は笑顔でしゃべるようにしましょう。
また、話を聞くときはうなずいたり、相手の方へ顔を向けることが基本となります。
元気な声からは「やる気」を、話を聞く姿勢からは「仕事への興味」を
面接官は感じとる事が出来ます。

遅刻は厳禁。
万が一遅刻した場合は一生懸命謝りましょう。
誠意が伝わればアピールになることもありますが遅刻しないのが原則です。
出来れば5~10分前には訪れましょう。
あまり早すぎても相手にも予定がありますので迷惑がかかります。

日雇いバイトでは具体的な志望の動機や趣味などよりも、
「この仕事を手伝ってくれる人はどんな人か?」を重視します。
普段より無理をしてでも大きな声でハキハキと話をした方が
好印象をもたれる場合が多いです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイトとネットカフェ難民 [日雇いバイトとネットカフェ難民]

最近クローズアップされている日雇いバイト生活の問題として、
ネットカフェ難民の問題があります。
日雇いバイトの生活だと家賃が払えなくなり、
アパートには住めなくなります。

アルバイト先で寝泊りし、仕事が無くなれば24時間営業の
ネットカフェ等で寝泊りするようになり、結果的に住所不定となり
良好な雇用関係を築けないのです。

とある調査ではネットカフェ難民だけで2007年時点で、
6000人以上と推定されています。
4割が女性で50~30歳代が多く、店内のシャワーを使い、
かろうじて最低限の生活を維持しているそうです。

また日雇いバイト員は健康保険の負担は自身で払わなくては
いけませんし、年金だって払っておかなければ老後が困ることになり、
結局不安定な生活に陥ることになります。
日雇いバイトはやはり小遣い稼ぎ程度にとどめるのが正解のようです。

またやりたい仕事がなかなか見えてこないとき、手っ取り早く
どんな仕事なのか探ったり、研究したりする体験が出来るのも、
日雇いバイトの特徴です。

わずらわしい人間関係を意識することなく、依頼された分を淡々と
こなしていくだけで、その日のうちに報酬が手に入るのは
日雇いバイトのメリットです。

実際、最初は小遣い稼ぎくらいのはずが、日雇いバイト
慣れてしまって、本業をやめてしまった人も少なからずいるようです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイトの面接 [日雇いバイトの面接]

日雇いバイトの最終関門にして1番難易度が高いとされる面接。
ただでさえ準備や約束ごとが多いのに加え、下手をうったら
最初から出直しというプレッシャーもあるわけですから、
苦手とする人が多いのも仕方がないでしょう。

求職者の希望する日雇いバイトと、その人自身の持つスキルに大きな開きはないか
日雇いバイトによってどれくらい会社に利益を与えてくれる人材なのかなど、
即戦力を必要としている日雇いバイトであればあるほど、
時間をかけてじっくりとチェックされる事になります。

基本的に履歴書や職務経歴書に添った形で質問されますから、
記載事項との矛盾がないように注意しなければなりません。
また、日雇いバイトの業務に関する技術だけではなく、自己表現の技術力も問われます。

求職者が過去にいくら輝かしい実績をもっていたとしても、
面接の場でオドオドしていたり、声が小さかったりでは
説得力がありません。
営業職の日雇いバイトを希望している場合など、致命的な問題であると判断されてしまいます。

自分の業務的能力を表現能力でいかに日雇いバイト先に
アピールすることができるかどうか。
つまりは総合的な意味での「技術力」が問われるのです。

これから社員として一緒に働いていく人間を日雇いバイトで採用しようとしているわけですから
愛想のない人、他人の意見を聞かない人、言葉使いの悪い人、
不潔な印象を与える人は間違いなく敬遠されます。

例えば、同じ「強引な人」でも、日雇いバイト先の社風によって適したり適さなかったりと
ありますから一概にはいえませんが、あなたが「一緒に働きたくないなあ」と
思うような発言や行動は極力控えるべきでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

電話で日雇いバイトを申し込む [電話で日雇いバイトを申し込む]

日雇いバイトの場合は電話で応募をする機会が多いと思います。
気軽に電話をかけてしまいがちですが、
電話対応も日雇いバイト採用の決め手のひとつとなります。
その場で悪い印象を与えないようにしっかりとマナーを守って
電話対応をしましょう。

日雇いバイト先の状況を考えて電話をかける、これが基本になります。
自分に合った日雇いバイト情報を見つけてもすぐに電話をかけるのは避けましょう。
まずはしっかりと準備から始めます。

筆記用具、メモ帳、求人情報を準備
電話で話す内容、聞きたい内容をまとめてメモしておきます。

さらに、電話のやりとりの中で面接会場の場所や日雇いバイト
時間を指定されるので必ずメモを取れる準備をしておきます。
暗記に頼るのは絶対やめましょう。
また、手元にその日雇いバイトの求人情報を置いておくと
話がスムーズに進むようになります。

軽作業の日雇いバイトの応募は、オフィスにかけるケースがほとんどです。
オフィスが忙しい時間帯は避けて電話をかけます。
お昼前の10:00~11:00、
お昼後の14:00~16:00ぐらいにかけるのがベストです。

携帯電話は電波の途切れたり、会話が聞き取りすらくなる可能性があります。
自分にとって大切な電話ですので自宅の電話や公衆電話を使い
静かなところからかけるようにしましょう。
途中で電話が切れたりするのは非常に印象が悪いです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

インターネットで日雇いバイト探し [インターネットで日雇いバイト探し]

求人誌を買いあさり、目を皿のようにして全てのページを熟読したものの、
全然日雇いバイト情報が無かった・・・そんな経験はないでしょうか?

1冊200円の求人誌を週に3冊も購入すれば、1ヶ月で2400円。
これを高いととるか、それとも安いととるかは人それぞれだと思いますが、
これから日雇いバイトを考えているという人ではなく、
すでに失業中であるという場合は、なかなか痛い出費となるはずです。

自宅でインターネットを使用している人、もしくは使用できる環境にある人ならば
求人誌はなるべく保険と考え、インターネットで日雇いバイトを探す事に
重点を置くべきだと提案します。

それはなにも、「1歩も外出せずに仕事を探すことができるから」という
理由だけではありません。

雑誌系求人サイトともなると、多いところで常時5000件以上もの
日雇いバイト求人募集が行なわれています。
それぞれのサイトごとに特色があり、全職種の日雇いバイト
まんべんなく網羅しているようなところもあれば、
IT系の日雇いバイトだけに特化しているところ、
営業職が強いところといった具合にバラエティ豊かである事もポイント。

多少の重複はあれ、ほとんどの企業はその求人サイトでのみ日雇いバイト
募集をかけているという場合が多いため、少しぐらいワガママな条件で探しても
日雇いバイトでの求人が見つかるケースが多いようです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイトのメリット [日雇いバイトのメリット]

よく、別にアルバイトをしている時間はあるけど、
常に日雇いバイトのみを渡り歩いている人もいます。

時間的拘束というより給料がすぐもらえることや、
色々なバイトが出来るのでわざと日雇いバイトを選ぶ人も多いのです。
確かに色々な仕事を経験するのは、良い体験になりますよね。

あと、インターネットで日雇いバイト専門サイトを探していると、
出てくるサイトは主に二つ。
日雇いバイト専門の求人」もしくは「派遣アルバイト会社」。
実は後者だったってこともあるから要注意。
不安なら最初から求人サイトで探すのがいいですね。

日雇いバイトは、なんといっても不定期で働けるということが
一番のメリットでしょう。
普通にアルバイトをしているとシフト通りに、
一定期間働かなければならない事が普通だけど、
日雇いバイトならあらかじめ自分のスケジュールにあわせて
単発のバイトを探して応募しておけばOK。

次に、給料をすぐもらえることも大きいですね。
日払い、週払いが基本なのです。
あと、色々な仕事を日雇いながらも経験できるのは人によっては
大きな魅力や社会勉強になるでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

高校生の日雇いバイト [高校生の日雇いバイト]

高校生は日雇いバイトの数が少ないしできる職種も限られます。
・平日は学校に通わなければいけないから、時間に融通が利かない
・学生なので、試験前に休む人が多い
・法律で18歳以下は働ける時間、内容、残業等が限られている
このような理由もありますが、一般的には「当てにならないから」とも
いわれているそうです。

そんな一般論は一生懸命働いて見返したい気持ちもありますが、
高校生である以上は時間に融通が効かないのは仕方ないですよね。
そこで、高校生ができる日雇いバイトを見つけるところから始まります。

高校生だって頑張って働けば「こいつがんばるな」と思わせることができます。
一般的に当てにならないと思われているならなおさらインパクトは強くなります。

上の理由から高校生ができる日雇いバイトって限られるけど、
もちろん全くできないわけではありません。
日雇いバイトだって立派な社会経験になりますよね。

時給は高校生は一般に比べると少し低くなりがちです。
しかし日雇いバイトは、高校生でも割と高収入だそうです。
職種は限られてくるけども、できないわけじゃないから頑張って探してみましょう。
高校生にだって日雇いバイトをする権利はあるのです。

しかし日雇いバイトと両立して、ちゃんと学校に行って勉強もしましょう。
本業である勉強をおろそかにしては元も子もないですからね。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイトの履歴書の書き方 [日雇いバイトの履歴書の書き方]

まず最初に履歴書の書き方を覚える前の基本として、字は黒のボールペンで
なるべく丁寧に書きましょう。

まず履歴書左上に現れる住所・氏名・電話番号・写真貼付欄。
日付には書いた日ではなくて履歴書を持って面接する日を書きましょう。
氏名のふりがなは、「ふりがな」とある場合はひらがなで、
「フリガナ」とある場合はカタカナで。現住所欄も同じです。
証明写真は三ヶ月以内にとったものを履歴書にあるサイズのとおりに切って貼りましょう。
なるべくのりで、両面テープは避けたほうが良いです。

学歴・職歴欄には「学歴」と書いて下の欄から小学校卒業、中学校卒業、
そして高校以降は入学・卒業共に書きます。
次に職歴だけど、無い人は職略。
日雇いバイト等の職歴がある人は、「職歴」と書いて、下に続けます。
アピールになると思う職種は積極的に書きましょう。

持っている免許や資格は日雇いバイトの履歴書で結構アピールポイントになるから、
何もないより書いた方が良いです。
運転免許書の資格も履歴書に書くことができます。

履歴書で一番重要な志望の動機欄は、具体的にかつ簡潔に書くことが大事です。
例えば「貴店が好きなため」ではなく「貴店が好きでよく利用し、
既にある商品知識が活かせると思ったから」の方が募集の動機としてベターです。
希望欄には自分のスケジュールに無理なく、また店に迷惑をかけない程度に。
特にない場合は「特になし」と書きましょう。
通勤時間はだいたいの時間でOKなので、自宅から日雇いバイト先までの徒歩・交通手段を
全て合わせた時間を書きます。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイト応募のコツ [日雇いバイト応募のコツ]

最初に、まだ日雇いバイトを募集しているか聞くのが一般的な日雇いバイト応募の手順。
インターネット上で探す場合は、やりたい日雇いバイトがみつかったら
オンライン上で申し込み・登録ができる。
電話するときはお店の忙しそうな時間をなるべく避けて、はきはき話しましょう。
電波の具合で途中で切れることがあるので、ケータイでかけるのはお勧めしません

次に、まだ日雇いバイトを募集している場合、面接の約束をします。
面接日をしっかり覚えておきましょう。
その次にやることは履歴書を書くこと。
履歴書において志望の動機や趣味欄は特に重要です。

履歴書を仕上げたら、一番重要な段階、面接。
事前に履歴書の内容をもう一度チェックしましょう。
次に、面接場所へ行くわけだけど、遅刻に注意。
慣れない場所での面接なら、地図を忘れずに、家は時間に余裕を持って出ましょう。
面接場所へは最低5分前には到着しておきたいです。
履歴書、筆記用具、連絡手段、印鑑などを忘れずに持っていきましょう。

お店によってはヒゲやピアス、染髪が禁じられている場合もあるので注意しましょう。
身なりはその店や会社で普段働けるのと同じ条件で望みましょう。

面接の言葉遣いははっきりていねいに敬語を正しくつかい、「失礼します」
「ありがとうございました」等の挨拶を忘れずに。
態度や言葉遣いに気をつければあとはそんなに緊張しなくてOKです。

あとは合否を待つだけ。
お店によって連絡方法が違うからきちんと聞いておきましょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。