So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日雇いバイトの面接 [日雇いバイトの面接]

日雇いバイトの最終関門にして1番難易度が高いとされる面接。
ただでさえ準備や約束ごとが多いのに加え、下手をうったら
最初から出直しというプレッシャーもあるわけですから、
苦手とする人が多いのも仕方がないでしょう。

求職者の希望する日雇いバイトと、その人自身の持つスキルに大きな開きはないか
日雇いバイトによってどれくらい会社に利益を与えてくれる人材なのかなど、
即戦力を必要としている日雇いバイトであればあるほど、
時間をかけてじっくりとチェックされる事になります。

基本的に履歴書や職務経歴書に添った形で質問されますから、
記載事項との矛盾がないように注意しなければなりません。
また、日雇いバイトの業務に関する技術だけではなく、自己表現の技術力も問われます。

求職者が過去にいくら輝かしい実績をもっていたとしても、
面接の場でオドオドしていたり、声が小さかったりでは
説得力がありません。
営業職の日雇いバイトを希望している場合など、致命的な問題であると判断されてしまいます。

自分の業務的能力を表現能力でいかに日雇いバイト先に
アピールすることができるかどうか。
つまりは総合的な意味での「技術力」が問われるのです。

これから社員として一緒に働いていく人間を日雇いバイトで採用しようとしているわけですから
愛想のない人、他人の意見を聞かない人、言葉使いの悪い人、
不潔な印象を与える人は間違いなく敬遠されます。

例えば、同じ「強引な人」でも、日雇いバイト先の社風によって適したり適さなかったりと
ありますから一概にはいえませんが、あなたが「一緒に働きたくないなあ」と
思うような発言や行動は極力控えるべきでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

電話で日雇いバイトを申し込む [電話で日雇いバイトを申し込む]

日雇いバイトの場合は電話で応募をする機会が多いと思います。
気軽に電話をかけてしまいがちですが、
電話対応も日雇いバイト採用の決め手のひとつとなります。
その場で悪い印象を与えないようにしっかりとマナーを守って
電話対応をしましょう。

日雇いバイト先の状況を考えて電話をかける、これが基本になります。
自分に合った日雇いバイト情報を見つけてもすぐに電話をかけるのは避けましょう。
まずはしっかりと準備から始めます。

筆記用具、メモ帳、求人情報を準備
電話で話す内容、聞きたい内容をまとめてメモしておきます。

さらに、電話のやりとりの中で面接会場の場所や日雇いバイト
時間を指定されるので必ずメモを取れる準備をしておきます。
暗記に頼るのは絶対やめましょう。
また、手元にその日雇いバイトの求人情報を置いておくと
話がスムーズに進むようになります。

軽作業の日雇いバイトの応募は、オフィスにかけるケースがほとんどです。
オフィスが忙しい時間帯は避けて電話をかけます。
お昼前の10:00~11:00、
お昼後の14:00~16:00ぐらいにかけるのがベストです。

携帯電話は電波の途切れたり、会話が聞き取りすらくなる可能性があります。
自分にとって大切な電話ですので自宅の電話や公衆電話を使い
静かなところからかけるようにしましょう。
途中で電話が切れたりするのは非常に印象が悪いです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

インターネットで日雇いバイト探し [インターネットで日雇いバイト探し]

求人誌を買いあさり、目を皿のようにして全てのページを熟読したものの、
全然日雇いバイト情報が無かった・・・そんな経験はないでしょうか?

1冊200円の求人誌を週に3冊も購入すれば、1ヶ月で2400円。
これを高いととるか、それとも安いととるかは人それぞれだと思いますが、
これから日雇いバイトを考えているという人ではなく、
すでに失業中であるという場合は、なかなか痛い出費となるはずです。

自宅でインターネットを使用している人、もしくは使用できる環境にある人ならば
求人誌はなるべく保険と考え、インターネットで日雇いバイトを探す事に
重点を置くべきだと提案します。

それはなにも、「1歩も外出せずに仕事を探すことができるから」という
理由だけではありません。

雑誌系求人サイトともなると、多いところで常時5000件以上もの
日雇いバイト求人募集が行なわれています。
それぞれのサイトごとに特色があり、全職種の日雇いバイト
まんべんなく網羅しているようなところもあれば、
IT系の日雇いバイトだけに特化しているところ、
営業職が強いところといった具合にバラエティ豊かである事もポイント。

多少の重複はあれ、ほとんどの企業はその求人サイトでのみ日雇いバイト
募集をかけているという場合が多いため、少しぐらいワガママな条件で探しても
日雇いバイトでの求人が見つかるケースが多いようです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

日雇いバイトのメリット [日雇いバイトのメリット]

よく、別にアルバイトをしている時間はあるけど、
常に日雇いバイトのみを渡り歩いている人もいます。

時間的拘束というより給料がすぐもらえることや、
色々なバイトが出来るのでわざと日雇いバイトを選ぶ人も多いのです。
確かに色々な仕事を経験するのは、良い体験になりますよね。

あと、インターネットで日雇いバイト専門サイトを探していると、
出てくるサイトは主に二つ。
日雇いバイト専門の求人」もしくは「派遣アルバイト会社」。
実は後者だったってこともあるから要注意。
不安なら最初から求人サイトで探すのがいいですね。

日雇いバイトは、なんといっても不定期で働けるということが
一番のメリットでしょう。
普通にアルバイトをしているとシフト通りに、
一定期間働かなければならない事が普通だけど、
日雇いバイトならあらかじめ自分のスケジュールにあわせて
単発のバイトを探して応募しておけばOK。

次に、給料をすぐもらえることも大きいですね。
日払い、週払いが基本なのです。
あと、色々な仕事を日雇いながらも経験できるのは人によっては
大きな魅力や社会勉強になるでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。